事業案内

空港サービス部 旅客グループ

国内線と国際線、そしてJALグループ便と外国航空会社便において、出発・到着・乗継に関するあらゆるサービスを行います。年代や国籍をこえ、空港をご利用になるすべてのお客様のご要望を敏感に察知して最適な対応ができる、柔軟性と状況判断力、細やかな心づかいを必要とする仕事です。常に笑顔を忘れず、お客様が快適に出発・到着できるようサービスの最前線であらゆる面からサポートいたします。

カウンター業務

カウンター業務

出発されるお客様の荷物のお預かりや座席の調整、渡航書類の確認などを含めたチェックインが主な業務です。特別なお手伝いが必要なお客様や、時には言語が通じない外国籍のお客様もいらっしゃいますが、ジェスチャーをまじえたり絵を書いたりと、あらゆるコミュニケーションツールをフルに活用して柔軟に対応します。また、短い手続きの時間の中でもお客様とはちょっとした会話を楽しみ、そこからそれぞれのお客様の状況を汲み取り、お一人お一人に沿ったご案内を心掛けています。

ゲート業務

ゲート業務

「お気をつけていってらっしゃいませ」搭乗口にてお客様を飛行機へご案内する業務です。安全且つ定刻に飛行機が出発できるように、お客様の搭乗状況、航空機の出発準備状況などあらゆる状況を把握しながら、限られた時間内に搭乗予定のすべてのお客様をご案内します。ご利用いただくお客様への感謝の気持ちを常に忘れず、最高の笑顔でお見送りをします。

到着業務

到着業務

お客様が出発地で預けた手荷物の返却対応をします。長旅でお疲れのお客様へできる限りスムーズに返却できるよう、取り卸し担当者と連携をとり手配をします。その際、大切なお客様の手荷物に破損や未到着が発生した場合は、まず心からお詫びをし、迅速な各種書類の作成や、お客様に寄り添った誠実な対応を心掛けています。また、乗り継ぎ案内や機内での忘れ物など、各種問い合わせ対応も行っています。

オフィス業務

オフィス業務

離発着する複数の便を全体で把握しコントロールする業務です。空港では日々様々なイレギュラーやトラブルが発生するため、培ってきた知識と経験をフルに生かし、素早く的確に判断し、一便一便が滞りなく運航されるよう旅客の司令塔として指揮をとります。 カウンターや搭乗口など最前線で活躍するスタッフを支えるサポーターでもあるため、 スタッフ同士の信頼関係がとても大切です。

ラウンジ業務

ラウンジ業務

上顧客が利用するラウンジで、搭乗までの時間を快適に過ごしていただくために特別な空間を作り出す業務です。日本ならではの季節を感じていただけるよう、生け花などの雰囲気作りにも工夫を凝らしています。ご利用になるお客様の様々なご要望への臨機応変な対応と、立ち居振る舞い・正しい敬語の使い方なども含めたレベルの高いおもてなしを心掛けています。

必須アイテム

必須アイテムを教えて下さい。

あんちょこ(マニュアルを書き纏めたノート)

どんな時にこれを使用しますか?

多種多様なお客様への柔軟な対応や、航空会社によって異なる規則など、業務には膨大な専門知識が必要となります。入社後の教育でしっかりと基礎知識を身に付けますが、限られた時間の中でとっさの判断が求められるため、この“あんちょこ”を常に持ち歩き、それを元にどんなに小さなケースにも正確な取扱いを行います。経験を重ね実際に見る機会は少なくなりますが、自身が勉強したものを纏めた努力の結晶でもあるため、お守りとして持ち歩くことで、日々自信を持ってお客様への対応ができます。

これがなかったら??

自分の知識不足で、お客様へのご案内や各種取扱いが曖昧なものになってしまいます。それによりお客様へ多大なご迷惑をおかけしてしまう可能性もあります。 「このケースの対処方法はこれで合ってたかな」と不安な気持ちがあると、その不安な気持ちはお客様へも伝わってしまいます。常に自信を持って笑顔で対応するためにも、私たちの欠かせない大切な笑顔のお守りです。

空港サービス部 航務グループから見た
空港サービス部 旅客グループ

空港サービス部 旅客グループ
のイメージを教えてください。

空港サービス部
航務グループ

廊下などですれ違うとき、こちらに気付くとスッと笑顔になり、気持ちの良いあいさつをしてくれます。サービス最前線で忙しい中でも常に身だしなみを整え、洗練された立ち居振る舞いで業務にあたる旅客グループの皆さんは、まさに接客のプロです。
いつでも相手の話にしっかり耳と心を傾け、その人のために何ができ、どんなサービスができるかを常に考えているところにとても感心します。

仕事上で関わり合うのはどんなときですか?

空港サービス部
航務グループ

日々、便の運航情報や各便の出発準備状況の情報共有などで密接に関わっています。具体的には、航空機へのお客様の搭乗がすべて終了し客室乗務員へ業務の引継ぎをした後、ドアクローズをする前に必ずオペレーションへ連絡をいただいており、貨物の搭載状況や整備作業がすべて順調に終了したことをこちらで確認した後、ドアクローズの指示をお願いしています。
また、私たちは定期的に各部署の代表が集まり、定時性委員会やサービス委員会といった、品質向上に向けての会議の場を設けています。定時に便を出発するためにできること、あと数分数秒の時間短縮につながることはないか、どうしたらよりお客様に喜んで頂けるかなど、部署を越えて共有したり意見を出し合ったりするときは、旅客グループをはじめ関連部署との一体感を大きく感じます。

pageTop