事業案内

空港サービス部 航務グループ

飛行機の出発・到着における、航空貨物および郵便のお預かりから搭載、引き渡しに至るまでの業務を担当しています。貨物等を運ぶ実作業を行うのではなく、貨物に関する書類やデータの作成や、貨物を搭載する際の指示などを主に行っています。
エアカーゴは国際貿易や国内を含めた物流を担うビジネスの世界です。 また、日本と海外、国内地点間を結ぶ社会のインフラとしての重要な機能を持っており、 貨物や郵便を無事着地にお届けすることで、社会に貢献できるよう日々取り組んでいます。

ドキュメント業務

荷送人や荷受人、個数、重量、運賃など荷物に関するあらゆる情報が記載された全世界共通の書類「Air waybill」やその他データを取り扱う業務。出発時には書類を作成して航空機に搭載、到着時には航空機から書類を取りおろし確認をします。日々、全国・世界と繋がる書類処理や対応を行います。

カウンター業務

お客様に対して荷物に関する受付が主な業務です。輸出や国内の出発においてはお客様から税関の書類や「Air waybill」などの書類を受け取り、輸入では書類を元に、到着した貨物をお客様へ引き渡す際の対応をし、荷物を保管している上屋へ指示などを行っています。

フライトコントロール
業務

貨物・手荷物・郵便を、ULDといわれるパレットやコンテナに積付けを考え指示をしたり、それを航空機に搭載する際に必要となる搭載計画書の作成やスペース調整などを行います。各便ごとの制限やルールなどに基づいて、飛行機の重量や重心を計算し調整します。

必須アイテム

必須アイテムを教えて下さい。

①ULD ディメンションガイド

②DGR(Dangerous Goods Regulations)

どんな時にこれを使用しますか?

①ULD ディメンションガイド

飛行機に手荷物や貨物を積み付けする際に、ULDとよばれるパレットやコンテナへ貨物を積み付け搭載しています。このガイドにはULDのサイズが掲載されているので、実際に手荷物や貨物の積み付けが可能かどうかを確認するときに使用します。

②DGR(Dangerous Goods Regulations)

安全運航を脅かしたり、飛行機やお客様へ危険を及ぼす恐れのあるものは危険物として法律で指定されています。この本には搭載時の規定が掲載されているため危険物を搭載をする前には毎回参照して受託可否を必ず確認しています。


これがなかったら??

①ULD ディメンションガイド

ULDの大きさが分からないので、実際に手荷物や貨物を載せることができるのかを検証することが出来なくなってしまいます。

②DGR(Dangerous Goods Regulations)

危険物を安全に運ぶための規則が守られているかが確認できないので、飛行機の安全運航に大きく影響が出る可能性があります。

空港サービス部 旅客グループから見た
エアカーゴサービス部

エアカーゴサービス部の
イメージを教えてください。

空港サービス部
旅客グループ

男女のバランスも良くアットホームな雰囲気だと思います。また、航空貨物という特殊な貨物を扱うプロ集団でもあり、モノを言わない貨物の取扱いには、社員の正確な処理とスピード求められるため、旅客グループのようにお客様との対面とはまた違った接し方(扱い方)や状況を察する力を持つ社員が多く活躍されています。

仕事上で関わり合うのはどんなときですか?

空港サービス部
旅客グループ

私たちは、お客様の搭乗手続きを行う際にカウンターでお客様の着席位置やスーツケースの重量などの確認をしていますが、搭乗手続き後にバランス調整のため航務グループを通して、貨物の搭載位置を微調整していただくことがあります。前日に積み付けプランを作成していただいていることが多いにも関わらず、出発間際の変更に対応していただけるスピード感や対応力にはいつも感謝しています。

pageTop