事業案内

空港サービス部 航務グループ

安全や定時性を支える様々な情報の伝達、飛行機の重量や重心の調整など、運航に関わるあらゆるサポートする業務を担当しています。旅客・貨物・整備・パイロットなど多くの部署と密に連絡を取り合いながら、日々異なる状況下で一分一秒を争い業務を遂行します。すべてはお客様一人ひとりが快適に飛行機をご利用いただけるように、安心安全な運航をサポートします。

ステーション
コントロール業務

飛行機が定刻に出発できるよう、旅客や貨物、整備など空港内の様々な部門と連絡を取り、それぞれの作業状況を把握するなど、出発・到着作業の全体管理を行います。また、悪天候などによるスケジュール変更が発生した場合も、関係先と連絡を取り合い司令塔としての役割を果たします。

運航支援業務

安全で快適なフライトをサポートするため、飛行計画、出発地・目的地の天候、航路上の揺れなど、パイロットが必要とする情報を提供します。また、飛行機の到着予定時刻を把握し他部門に周知することや、飛行機と無線通信をしてパイロットからの要請に対応するなどの業務も行います。

ロードコントロール業務

飛行機には離陸重量の制限と重心位置の制限があります。私たちは、お客様の人数や手荷物の数、貨物重量、燃料搭載量などを把握し、旅客や貨物など関係部門と連絡を取りながら、規定内の重量・重心に収まるように管理し調整します。安全運航を支えるため、細心の注意を払って業務に取り組みます。

必須アイテム

必須アイテムを教えて下さい。

①複数のPC&モニター

②電卓の時間計算

どんな時にこれを使用しますか?

①複数のPC&モニター

出発・到着便の運航状況や、地上作業の進捗状況を把握するために、多くのPCやモニターを使用します。また、上の写真では、複数の駐機場のモニター画面をもとに出発作業をチェックしています。

②電卓の時間計算

時刻を世界標準時間や日本時間、海外の現地時間などに変換するときに使用します。
また、離陸時刻に飛行時間を足して、目的地に到着予定時刻を伝えたり、国や地域によって時差がある国際線の運航に関して、出発時刻や到着時刻を世界標準時で表して、発地や着地の空港とやり取りをする際にも電卓を使用します。

これがなかったら??

①複数のPC&モニター

安全や定時性に関わる情報をタイムリーに得ることができなくなってしまいます。私たちの仕事は「情報」が非常に重要なので、モニターを増やして情報収集の質を落とさないようにしています。

②電卓の時間計算

例えば、離陸が10時23分で飛行時間が5時間42分だった場合、一見簡単そうな計算ですが、分から時への繰り上げがあるため、暗算や手計算となると複雑で、ミスの誘発があります。また、次々と便が出発・到着していくので電卓がなければ計算が間に合わなくなってしまいます。

エアカーゴサービス部から見た
空港サービス部 航務グループ

空港サービス部 航務グループの
イメージを教えてください。

エアカーゴサービス部

飛行機に関わる安全を司る部署であり、常に緊張感のある部署だと感じています。
そして、飛行機を安全かつ定時に出発させるため、各部署に的確に情報を発信したり、危機管理など各部署の情報を収集するなど、ドリームスカイ名古屋の心臓といえる重要な部署というイメージです。

仕事上で関わり合うのはどんなときですか?

エアカーゴサービス部

エアカーゴサービス部が、飛行機に積む貨物のULD積み付け重量の報告やロードプラン業務など、飛行機の貨物室へ搭載する内容物を確認する上でも、航務グループとはとても密接に繋がっています。
飛行機は各部署単一の仕事だけでは飛ばせません。関連部署への最高のバトンタッチの積み重ねで飛行機は一便一便が安全に出発しています。部署を越えてみんなで一つの飛行機を飛ばしていると毎日実感しています。

pageTop